Q&A プライバシーポリシー サイトマップ 交通アクセス お問い合わせ


TOP PAGE
再生医療とは
細胞培養室
歯槽骨再生
しわ治療
しわ治療
インプラント
日帰りインプラント(オール・オン4/6)
スタッフ紹介
再生医療に関するQ&A
再生医療科コラム
患者様の声
医療関係者の方へ
インプラント・しわ治療無料カウンセリング予約

再生医療に関するQ&A

Q1 再生医療とは?
再生医療とは機能障害や欠損を起こした体の組織を「再生」させる医療です。再生に他人の細胞や合成物を使わず、自分の細胞を使うので拒絶反応やアレルギーの危険性が非常に低く、未知の感染症を発症する可能性も極めて低い最新の医療です。
Q2 この治療はどこでもうけれますか?
当院は民間病院で再生医療を取り入れた初めての病院です。その他の施設としては東大、名大、神戸の先端医療センターです。
Q3 費用はどのくらいかかりますか?
歯槽骨の費用は、移植部の大きさによりますが、1ブロック135万円(税抜)程度です。詳しくは担当医にご相談下さい。
Q4 再生医療を受けたいのですが、年齢制限はありますか?
年齢の制限はありませんが、ご自身で口腔内の管理ができることが必要です。
Q5 高血圧の持病があるのですが、再生医療は受けられますか?
可能です。検査の上ご相談下さい。
Q6 ずっと入れ歯を使っていたのですが、再生医療でインプラントをいれていただくことはできますか?
基本的には可能です。入れ歯をいれていた期間や入れ歯の大きさによって様々なケースがありますので担当医にご相談ください。
Q7 術前治療とはどんな治療ですか?
虫歯や歯周病の処置を行って、細胞移植の前準備として感染巣の除去を行う事を術前治療といいます。
Q8 骨髄液を採取するときに痛みはありますか?
麻酔下で行うので一般的に大きな痛みはありません。
インプラント編
Q1 インプラントの手術時間はどのくらいですか?
インプラントの本数にもよりますが、1本あたり1時間みていただければよいでしょう。
Q2 痛いですか?
手術は麻酔をかけてから行っていきますので、手術中に痛みを感じることはありません。麻酔が切れたあとは多少痛みが出ることがありますが、大半の方は1日〜2日で治まります。
Q3 治療期間はどのくらいかかりますか?
顎の骨に入れたインプラントが周りの骨と結合するのに、3〜6ヶ月かかります。その後、人工の歯を作製し装着しますのでだいたい上顎で6〜7ヶ月、下顎で4〜5ヶ月みていただければよいでしょう。
Q4 手術の際入院は必要ですか?
インプラント単独の手術であれば基本的に必要ありません。しかし、多数歯にわたる症例や培養骨を使用する症例は、入院の必要がある場合があります。
Q5 手術後の注意はありますか?
手術後しばらくは感染しやすいので、食事は硬いものを避け、流動食に近いものを摂ってください。当日あるいは翌日まで多少の出血が続きますが、うがいはしないで下さい。また薬は指示通り服用し、術後の感染を防ぐため、消毒に来院してください。
Q6 歯槽膿漏でもインプラントはできますか?
歯槽膿漏の方は歯周治療を受け歯周病を治し、ご自身で口腔内が管理できるようになればインプラントは可能です。
Q7 インプラントはどのくらいもちますか?
インプラントの寿命は、ご自身でしっかりと口腔管理をして頂ければ、長く使えます。しかしインプラントの周りにプラークがついて歯周病になってしまうと、せっかく打ったインプラントが顎の骨から脱落してしまうことがあります。
Q8 治療の間、歯がないところはどうなりますか?
仮歯や仮の入れ歯を入れますので、見た目にも食事にも問題ありません。
Q9 全身麻酔での手術ですか?
基本的に局所麻酔で行います。手術に不安のある人や広い範囲にインプラントを入れる場合、難症例や特殊な手術の場合には全身麻酔下で行うことがあります。
Q10 治療費はどのくらいかかりますか?
インプラントは自費診療ですので診察を含め、保険は適応になりません。使用するインプラントの本数や上に装着する人工歯の種類によって費用が異なるので事前に担当医とご相談下さい。
 
top
産科婦人科内科心療内科小児科再生医療科(歯科口腔外科・形成外科)